目指せゆるゆるエコ生活
ジャンルごと
頂いたコメント♪
OTHERS
LINK
キーワード検索
normal | list
愛犬の散歩のときのエコ「スコップを持つ」
あべっち(男)です。

秋晴れの休日の愛犬のお散歩中、
「今までどうして気が付かなかったんだ!」というエコに気が付きました。
いや、正確には「忘れていたエコ」でしょうか。

20081010_154555s.jpg
さて、こちらが私がお散歩中に使用している荷物バックです。
自分が住んでいる千葉県では「ペットの糞は飼い主が処分」という
看板があちこちに立てかけられておりまして
手ぶらで歩こうものなら白い目で見られてしまいます。
(自分としては犬のフンくらい街中にあるのが自然だろう、
という意見はありますが、自分の愛犬のはきちんと処分してます。)

20081010_154542s.jpg
そしてこちらが同じく県内を散歩していた紳士の姿です。
注目していただきたいのは手。そう、スコップ1つなんです。

このスコップはもちろん、ワンコのうんこちゃんを処理するために使われます。
スコップで土を掘り、スコップで埋める。
持ち帰り用のビニール袋は不要ですし、持ち帰る必要もありません。
なんとエコエコなのでしょう!

そういえば20年前、自分も犬を飼ってました。
当時住んでいたのは新潟県新潟市だったのですが、
雑種の愛犬を散歩するときはいつもスコップを持って出かけてました。
どうして忘れてしまってたのでしょう。

さて、愛犬のウンコちゃんをスコップで土に返す大作戦。
これが具体的にどんなエコになるか考えて見ましょう。

うんこちゃん臭いがするのでおそらくティッシュだけではなく、
ビニール袋やウェットティッシュを併用します。
これが無くて済むわけですからまず、紙やビニール袋の節約になります。

持ち帰ったうんこちゃんはトイレに流すか、
燃えるごみに捨てることになるわけですが、(うちは後者です)、
流すときの水はもちろん資源ですし、
燃やす場合でもダイオキシンや温室効果ガスは避けられません。
もっと言うなら、ごみ処理場の方の手間や設備を動かす電力だって。

そして意外と究極かもしれないと思うのが大地への還元効果です。

20081013_170520s.jpg
一度大地のコンポスト(=野菜くずなどを土に埋めて堆肥化する)を
試したことがある方なら大地の力を知っていると思います。
彼らは驚くスピードでごみを土へと戻してくれます。

更に、普通の土としてではなく、堆肥として再生するわけでえす。
堆肥は栄養価が高いので野菜や植物をを育ててくれます。

一昔前を思い出してください。
天然で安心な人間の糞尿を肥料にしていた時代がありました。
糞は人工で添加物がいっぱいの市販品とは全く違う天然の堆肥です。

臭いだの汚いだの、そういうものを遠ざける現代人が変わりに得たものは、
200円で買える何をしているか分からないような人工の肥料ばかり。
温かくて安心で、あの時代が懐かしいですね。

土が豊富な土地でしか出来ないエコテクニックですが、
東京にさえ住んでいなければチャレンジしてみてください。

オレはやります。
愛犬とエコエコに生きるのです。


| permalink | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<充電式乾電池グッズで楽しいコードレス生活のススメ | 行き過ぎたエコシリーズ「突然の穴空き靴下の対処法」 >>